有限会社SBSコーポレーション TEL:0568-75-9238 携帯:080-4536-9400 E-mail:niwa@sbspet.com
| 表紙 | デグー飼育情報 | デグー生体販売 | デグー商品通販 | 今月の特別商品 | デグー飼育セット |
| 投稿写真館 | 飼育相談室 | BBS掲示板 | 会社案内 | リンク集 | グルメ館通信 | ケージ拝見 |
デグー飼育情報

デグーの飼育情報 目次
デグーとは・・・

デグーの飼育方法

繁殖について・・・

かかりやすい病気



デグーとは・・・

外見はハムスターに似ていますが、モルモットやチンチラの仲間(テンジクネズミ)で草食性動物です。
また、強い社会性をもった、コロニー(5〜10匹の小さな群れ)で生活しています。同じ群れのメスは同一の場所で出産し子育てをする習性があります。また様々な音声でのコミュニケーションが非常に発達しており、現代では言語学の研究にも使われる位です。よく慣れるため、欧米ではペットとしての歴史も長いです。慣れてくると、歌を歌ったり、飼い主さんに鳴き声で話しかけたりします。


デグーを飼うのは、単独1匹にするか、オスとメスの1ペアまたはメス2匹で飼育することをおすすめします。
集団性を好むため1匹では寂しがりますが、いったん複数飼育にして、あとで単独1匹になるととても寂しがります。ですので小さいうちから1匹飼育なら1匹だけで飼育しましょう。複数飼育の場合、メス同志や発情前の子供のオスなら集団で飼育できますが、性成熟したオス同士ですとケンカがおきてしまいます。

性別の差はほとんどありません。小さいうちに飼育を初めて飼い主さんを覚えるとよく慣れます。オスのほうがメスより甘えん坊なところがあります。


デグーの紹介
目属性 ゲッ歯目 テンジクネズミ亜目 デグー科 デグー属
生息地 ペルーアンデス地方の西部
体長 12.5〜19.5cm
(尻尾は別途12cm)
体重 170〜300g(平均200g前後)
寿命 5〜8年
特徴 目と首周りが白っぽくなっており、“光バンド”と呼ばれることがあります。尾の毛並みは滑らかで、先の部分が広がっているため“トランペット・テイル”と呼ばれます。亜熱帯気候で乾燥した、標高1200m以上の山地の、岩場や断崖付近に生息しています。一般的には昼光性といわれますが、野生下では昼・夜ともに活動することも多いようです。
毛色 ノーマル(茶色)、ブルー(青)、パイド(白まだら)の毛色があります。
食事 〔野生下〕
草、樹皮、種子、果物、サボテン、穀物、トウモロコシの茎など

〔飼育下〕
主食:牧草、デグー専用混合フードまたはチンチラ・モルモット混合フード
副食:とくに与える必要はないが、少量の野菜・果物など
繁殖 性成熟は平均6ヶ月(4.5〜20ヶ月)。
1度に4〜6匹を出産します。
性別 オスとメスの区別は肛門と生殖器の距離で判断します(ハムスターと同じ)。

【性別比較】
飼育環境 ベビーは体重14g前後の大変小さな体の為、保温性のいい水槽ケージやプラスチックケージで飼育すると良いです。
成長したら、高さと奥行きのある金属製のケージに移します。
ケージ内には巣箱や止まり木、かじり木などを入れてあげると良いです。
また、運動不足を防ぐ為、回し車なども設置して上げると喜んで回します。

快適な温度は20〜24℃。低湿度で40%前後が理想です。

デグーの動画で紹介@(mpeg動画)
デグーの動画で紹介A(mpeg動画)
デグーの動画で紹介B(フェイスブック動画)
デグーの動画で紹介C(フェイスブック動画)

まだまだ不思議なデグー

長年、小動物の専門店をやってきていますが、いまだにデグーは未知なる動物です。2004年に、アメリカではマニアの間に人気があるということで、専用フードの販売と飼育情報の翻訳からスタートしました。飼い方次第でとてもよく慣れるのですが、見た目に野生ネズミに見えるので、日本では人気も認知度もない状況でした。動物輸入会社に問い合わせると、大学や研究機関に生体を納入しているだけで、ペットショップでは売れないと言われました。

アメリカで一番評判の高いBrisky社のデグー専用フードをホームページに掲載しましたら、すぐに、大学や研究機関から電話があり、フードの納入依頼がありました。このbrisky社デグーフードが成分安定しているので、ずっと輸入開始を待っていたそうです。

研究内容については教えてもらえませんでしたが、海外の文献資料によると、デグ−の知能指数はとても高く、言語コミュニケーション能力が発達して、鳴き声でなく独自の言語をもって話し合うことができるので、世界
で研究がされているということでした。

どこまで本当かわからないし、あまり変なことをいうわけにはいかないので、そういったことは気にしないでいました。愛情をこめればこめるほど、甘えん坊になって、撫でてほしいって近寄ってきますし、飼い主さんのポケットにはいって離れない、そんな魅力があるので、生体の販売もしてきました。

それほど人気のペットにはなりませんでしたが、長年にわたって販売をしてくると購入していただいた飼い主さんから、いろんな体験談を聞かせていただけるようになりました。また、ペットホテルで大人になったデグーをお世話していろんな発見もありました。

「うちのデグーは、離れたケージごしに2匹が会話しています。」「私の会話を聞いていて反応します。もしかしたら話の内容を理解してるかも。」「私の感情を理解しているかも。さみしいときに話しかけてくれます。」「機嫌がいい時は歌を歌いだします。」

どこまで本当なのか、確かめようがありませんが、私もデグーのお世話をしながら、もしかしてと思うことがよくあります。研究機関では、デグーの言語コミュニケーション研究がされていることだけは間違いがないです。もしかしたら、将来、なにかの補助グッズがあれば人間と会話ができる初めてのペットとして大注目を浴びるかもしれませんね。

デグーを飼育している方、飼育経験がある方からの体験談をぜひお聞かせいただければ幸いです。いろんな情報が集まりましたら公開したいと思っています。