小動物専門情報&オンラインショッピング SBSコーポレーション・小動物グルメ館
うさぎ飼育情報
表紙ページ うさぎ生体販売 うさぎ飼育情報 飼育相談室 グルメ館通信
うさぎ商品通販 うさぎ飼育セット 今月の特別商品 BBS掲示板 投稿写真館

ウサギの飼育情報

ウサギの飼育情報 目次

はじめに・・・

ウサギの飼育用品

食事について

飼育環境

ウサギとの接し方

ウサギの繁殖

四季の過ごし方

ウサギの病気

ウサギの医療体験

ウサギのマッサージ

ウサギのマッサージ

みなさん、毎日うさぎさんとコミュニケーションをとっていますか?うさぎさんのマッサージのお話をしていきます。みなさんのできる範囲で挑戦してみてください。

1番簡単でうさぎさんも喜んでくれるところは、耳の付け根です。耳の付け根に片手の指先を立てて、力を加えずに指先だけで筋肉の緊張をもみほぐしましょう。もう片手は、うさぎさんの体を軽く支えてあげましょう。うさぎさんが気持ちよく思えばなすがままになったり、歯ぎしりをするでしょう。

うさぎさんの耳は、体温調節に欠かせない重要な器官です。特に暑い夏、立ち耳のうさぎさんは耳を立て続けて、垂れ耳のうさぎさんは耳を少し浮かせ続けることで熱をより多く放散して、体温調節をしています。

常に力の入っている耳の筋肉をマッサージしてほぐしてあげましょう。血流が良くなり、熱放射の効率もアップします。Let's try!!

うさぎさんのお尻を手前にした状態でリラックスさせます。両耳の耳道の入り口に人差し指を差し込むように置き、親指の腹で耳をはさみこむようにして付け根から先端へゆっくりと滑らせるように動かしてみましょう。

うさぎさんの顔を正面に座ります。親指と人差し指の腹を使って、耳を縦に半分に折りたたみます。耳の付け根から耳の先端に向けて、指をゆっくりと動かしましょう。

この動作は「ティモテ(うさぎが耳を洗う仕草)」と同じなので、人に触られるのが苦手なうさぎさんも受け入れ易いと思います。マッサージされているうさぎさんは毛繕いしているつもりになって、舌をペロペロだして床をなめるかもしれませんね。

耳の付け根を背中側に親指、頭側に人差し指ではさみこむように指を添えます。耳の付け根をそのままの状態で右側の耳をプロペラが回転するようにゆっくりと時計回りに5回動かしましょう。同じように左側の耳を5回動かしたら、逆回りにも左右の耳を5回ずつ動かしましょう。

このマッサージは耳を回すことで耳の付け根の筋肉がほぐすことができます。垂れ耳うさぎさんは、垂れ下がった耳の重みによって耳の付け根のコリが特にひどいので念入りにほぐしてあげて下さいね。

下顎(したあご)のマッサージです。まず、うさぎさんのお尻側に座ります。親指は首の後ろにおいて、中指・薬指・小指は、下顎の下を支えます。口の周りは人差し指で、顎から顎の下にかけては中指で、真中より半円を描くように指を滑らせてマッサージしましょう。

うさぎさんは、下顎を左右に動かす頻度が高いので、意外と筋肉が緊張しています。ゆっくりもみほぐしてあげましょう。また、マッサージをしながら、口周りにできものはないか、ヨダレは出ていないか、口臭はないかをチェックしましょう。





マッサージの動画紹介