小動物専門情報&オンラインショッピング SBSコーポレーション・小動物グルメ館
うさぎ飼育情報
表紙ページ うさぎ生体販売 うさぎ飼育情報 飼育相談室 グルメ館通信
うさぎ商品通販 うさぎ飼育セット 今月の特別商品 BBS掲示板 投稿写真館

ウサギの飼育情報

ウサギの飼育情報 目次

はじめに・・・

ウサギの飼育方法

食事について

飼育環境

ウサギとの接し方

ウサギの繁殖

四季の過ごし方

ウサギの病気

ウサギの医療体験

ウサギのマッサージ

はじめに・・・

現在、ウサギの飼育本は数多く出版されていますがすべての出版物が正しいことを書いているわけではありません。
なかには間違ったことを平然と載せている出版物もあります。そういった本をウサギを飼いはじめた人が読めば何のためらいもなく信じ、間違った飼い方をしてしまうのはとても怖いことです。間違った飼い方をすればウサギにとってストレスや病気の原因にもなります。
しいては、ウサギや飼い主さんが不幸になってしまいます。

そんなことがないようにウサギの飼い方について、この情報過多の時代から正しい情報を飼い主さんが見極めることが、ウサギと仲良く楽しい生活をおくるうえでもっとも大切なことだと思います。
この「ウサギの飼育方法」は、書いているように絶対しなければいけないというものではありません。飼い主さんの住宅環境、飼育予算なども考えて参考にして頂ければうれしいです。最終的にはご自身の判断にお任せします。

下記にペットショップでお馴染みのウサギ達を一部紹介しております。どうぞご覧下さい。

ネザーランド・ドワーフの紹介

目属性 ウサギ目 ウサギ科 アナウサギ属(家畜化家ウサギ)
生息地 オランダ
体長 約26cm(メスより頭部がやや大きい)
体重 約1200g ショータイプ:約900g
寿命 5〜10年 最長:13〜15年
特徴 飼育されている中では最も小さいウサギです。耳が短く顔が丸いのが特徴。毛色にはオターとマーチンという色があり、オターは耳の裏側の三角部分にもカラーがあり、マーチンは三角部分の毛色が白いです。毛並みはほかの品種に比べてアンダーコートの密度が非常に高いため、逆なでしてもゆっくりもとの状態に戻る、ロールバックという性質をもっています。品種として認可されたのは1969年で最終改良地はオランダといわれていますが、現在では世界中で繁殖しています。多少神経質な面がありますが、よく懐く個体が多いです。初めてうさぎを飼育される方におすすめ。
繁殖 繁殖期は通年。1度の出産で1〜10匹(6〜8匹)の子供を産みます。
食事 〔飼育下〕
主食:ウサギ専用フード・牧草
副食:野菜(小松菜・ニンジン・キャベツなど)・果物(リンゴなど)


ホーランド・ロップイヤーの紹介

目属性 ウサギ目 ウサギ科 アナウサギ属(家畜化ウサギ)
生息地 オランダ
体長 平均で約30〜35cm(体高:10〜14cm)
体重 約1.3kg
寿命 5〜10年 最長:13〜15年
特徴 耳が垂れているのが最大の特徴。成長がやや遅い傾向があります。
また、大型のロップイヤー系の中では最も小さい種類なのがホーランド・ロップイヤーです。
おっとりとした性格の子が多く、ネーザーランド・ドワーフと同様に初心者の方にもおすすめなうさぎです。
繁殖 繁殖時期は通年。1度の出産で1〜10匹(6〜8匹が多い)の子供を産みます。
食事 〔飼育下〕
主食:ウサギ専用フード・牧草
副食:野菜(小松菜・ニンジン・キャベツなど)・果物(リンゴなど)


ミニウサギの紹介

目属性 ウサギ目 ウサギ科 アナウサギ属(家畜化ウサギ)
生息地 色々なタイプの交雑種なので不明。
体長 平均で約26〜40cm
体重 1.5〜3kg
寿命 5〜10年 最長:13〜15年
特徴 さまざまな品種の交雑種を総称したウサギです。
名前に「ミニ」と付きますが、「一番小さいウサギ」という訳ではありません。(飼いウサギで一番小さいのは「ネザーランド・ドワーフ」)体格・毛の長さ・色などにかなりの個体差があります。“ミニウサギ”という品種は存在しません。体が丈夫な個体が多いことも特徴です。学校などでよく飼育されているのもミニウサギです。
繁殖 繁殖期は通年であり、1度の出産で1〜10匹(平均6〜8匹)の子供を産みます。ベビーの時期は生殖器が成長途中のため、オスメスの判別が難しいです。繁殖可能にまで成長すると、オスは肛門の両脇に縦長の精巣(睾丸)が見えるようになり、メスはその特徴がなく、首周りの肉付きが良くなります。
食事 〔飼育下〕
主食:ウサギ専用フード・牧草
副食:野菜(小松菜・ニンジン・キャベツなど)・果物(リンゴなど)


ミニレッキスの紹介

目属性 ウサギ目 ウサギ科 アナウサギ属(家畜化ウサギ)
生息地 アメリカ
体長 平均で約35cm
体重 約1.8kg
寿命 5〜10年 最長:13〜15年
特徴 全身が光沢のあるベルベット(ビロード)状の密度の濃い短毛でおおわれ、バランスのとれた筋肉質な体形が特徴です。カラーバリエーションも豊富で、ブラック・ブルー・ライラック・キャスター・チョコレートなどがあります。他の品種と違い髭が少し退化しており、この特徴は短毛で美しい毛並みを重視し改良された為と考えられています。86年のARBAで披露され、88年に認められた比較的新しい種類です。多少野性味が強い固体もおり、キックの力も強いです。
繁殖 繁殖時期は通年。1度の出産で1〜10匹(6〜8匹が多い)の子供を産みます。
食事 〔飼育下〕
主食:ウサギ専用フード・牧草
副食:野菜(小松菜・ニンジン・キャベツなど)・果物(リンゴなど)