投稿24:育児嚢の炎症

最初気がついた症状は?:
♀の育児嚢の入り口がぽっこり腫れていました。嚢の中の皮膚が出ているのかピンク色の皮膚です。
一週間ほどすると、水ぶくれのような状態に。大きさは1〜2ミリほど。
その後赤く炎症を起こしたので病院に。

症状についてコメントがあれば:



どんな検査をしましたか:
嚢の入り口をちょっと引っ張って中を見たりしました。

診断結果は:
炎症です。
嚢のお手入れのときに、中の皮膚をひっぱり出してしまったようです。
それ自体はよくあることらしいのですが、なんらかの原因で傷ができて炎症を起こしてしまった。

治療方法は:
抗生剤と炎症止めの二種類を朝晩二回、二滴ずつのませました。
お薬も甘くしてあったので、あげるのに苦労することはなかったです。

その後の経緯は:
炎症自体は5日ほどでよくなりました。
それからもたまにぷくっと皮膚が出ていることがありました。

他の飼い主さんにアドバイスがあれば:
とにかく毎日の観察が大切です。
昨日と違うこと、先週と様子が違うなど、すぐに気づいてあげるためには重要です。
小動物はよっぽど具合が悪くならないと発見が遅くなってしまうケースが多いので、早期発見を心がけてください。


投稿:匿名希望様


BACK