相談回答


Q 2匹目を迎えた直後に、前からいるフェレットが体調不良(下痢)になってしまいました。新しい子は元気なのですが。

よくあることは、ストレス性腸炎です。新しいフェレットが来たことによる環境の変化や飼い主さんがかまってくれなくなったことにより下痢を起こすことがあります。下痢止めと慣れることによりすぐに快復します。また、新しいフェレットは雑菌をもっていることもあり、普通では免疫力があって接触してもなんともないのですが、条件のよい家庭環境で長期過ごしたフェレットが雑菌に対して軽い腸炎を起こすことがあります。接触後すぐに下痢を起こすパターン(おむかえ症候群)です。抗生剤と栄養補給で比較的早く回復します。また先住の子と新入りの子が違うファーム出身の場合だったり、古くからいる子が快適な環境で免疫力が低下しているときはは「お迎え症候群」がおきやすいです。

危険なのはウイルス(ECE)です。感染源からくるフェレット(ベビーは無症状が多い)を迎え入れると、接触後1週間から1ヶ月以内に前からいるフェレットが激しい水下痢の症状を起こします。さらに強い感染をしていくので、じゅうぶんに知識をもって対応しましょう。

まれに新しいベビーが新しい環境に慣れる前に、古株のフェレトに執拗に襲いかかられて、ストレスで下痢を起こすパターンもあります。対面は環境に慣れてからにしましょう。

詳細は「フェレット健康Q&A」ページの下痢項目を参照してください。

BACK