震災に関してのお知らせ

下記の緊急支援は2012年7月31日をもって終了しました。
募金による支援のみ継続しています。ご協力お願いします。


東北地震犬猫レスキュー.com
このたびの震災の被害にあわれた方々に深くお見舞い申し上げます。決して孤独ではありません。
みんなが支えています。復興にむけていっしょに進んでまいりましょう。スタッフ一同

【被災された方へのサービス】

・一時預かり
ペットホテルでは小動物、犬、猫をお預かりできます。被災や避難が理由でのお預かりの場合は50%off割引があります。また救援ボランティアに行かれる理由のお預かりの場合も割引があります。避難所にペットを入れることができない、被災によって生活が金銭的に困窮されている方は、無償で一時預かりいたします。避難や移転で東北から愛知県に引っ越されれた方の相談をお受けします。東北に在住の方のペットもお預かりできますが、当社までの搬送は手配お願いします(ペット連れで来店、搬送ボランティアに依頼、西濃運輸の小牧支店止め等)。預かりスペースに限りがありますので、ご希望の方は至急ご相談ください。

・小動物フードの提供
東北地区在住で、当店で2ヶ月以内(震災日から起算)に小動物フードを購入された方で、地震や津波によって商品が使えなくなってしまった場合、無料で同じ商品をお送りいたします。(茨木県、千葉県の沿岸部で同じ被害に合われた方も対象です)。東北地区在住で、地震や津波によって被災された方、避難されている方で、小動物フードが必要な方には、半額の特別割引で商品をお送りします。当店で扱っているフードから選んでください。(茨木県、千葉県の沿岸部で同じ被害に合われた方も対象です)。自己申告でかまいません。少しでもお役にたてれば幸いです。まずは電子メールで被害状況と必要なフードについて、送付先をお知らせください。期限はありませんので、数週間後にこのページを見られてからの問い合わせでも結構です。遠慮なくご連絡ください。商品注文フォームでなく電話かメールでご依頼ください。

・救援団体向け支援
被災動物の救援をされている救援団体へ小動物のフードを無償で提供させていただいています。どうぞご連絡ください。

・動物病院支援
被災された動物病院向けに、ペットの水や猫トイレ砂を支援しています。当社とお取引ある病院には支援させていただきましたが、取引がなくても支援しますので、ご希望あればお知らせください。

・迷子になった猫の捕獲器のレンタル
被災地域の方は、1週間のレンタルが無料です。少しでも多くの迷子の動物が飼い主さんのもとに戻りますように。申し込み画面の備考欄に「被災地使用」と明記して申し込んでください。申し込みはこちら

全国の避難所止め、仮設住宅宛への荷物については送料無料とさせていただきます。商品注文時の「その他記入欄」へそのことを記載お願いします。

問い合わせメールはこちら
【預かりできます】

一般の預かりというより、震災の被災地で、フェレットを飼っている方がいて、困っているようなら預かりたいと思っています。当方、岩手県内陸部のため、被害も少なく、場所によっては現地まで預かりに行けると思います。やっと流通も始まってので、餌とかも十分にあるので、預かれます!もしよければ、少しでもお手伝いできれば、と思います。

佐々木(岩手県奥州市) rin4202@waltz.ocn.ne.jp

【預かりできます】

被災地のフェレットのお預かりできます。
詳しくは
http://ameblo.jp/mitarouyokoyama/entry-10843400241.html
連絡先: 横山 spc64u99@bloom.ocn.ne.jp

【預かりできます】

被災地のために何かできないか考えているときに、前回のハリネズミ通信を見て、被災ペットを預かることならできると思いました。現在住んでいる物件の都合上、ハリネズミなら大丈夫です。また、飼ったことがあるので、飼育環境・世話の仕方も分かります。
【飼育環境】 ・東京都豊島区(計画停電対象外) エアコンあり
原則、避難所等に避難中の方、自宅の電気・ガス・水道等のインフラが不通の方とします。
ワンルームのアパートなので、預かることができるのは2〜3匹だけです。もし預かる際は、 安心して預けていただけるよう、ハリネズミを飼育していたときのブログをご覧いただこうと思っています。
http://ameblo.jp/surfin178gtr/
連絡は上之薗まで surfin178gtr@gmail.com

【預かりできます】

福島原発の関係で、新潟に避難されている方も大勢いらっしゃると思います。避難所で大切な家族の一員である動物達と一緒に生活出来ずに辛い思いをされている方の為に少しでもお役に立ちたいと思い、お預かりしてお世話をさせて頂きたいと思っております。
フェレットとフクロモモンガのお世話になりますが、事前に食事内容や健康状態の確認をさせていただき、必要なフード、サプリメント、動物病院での診察や薬など、私に出来る精一杯のお世話をさせて頂きたいと思っております。当方、新潟県の津南町という所です。新潟県内でしたら迎えに伺います。
連絡は大口まで  von_jetzt_an@me.com

【預かりできます】

被災地のフェレットのホームスティ承ります。いつもSBSさんにはお世話になっております。東京都豊島区の、ペット可マンションです。当方、シルバーミット3才の女の子(写真)と暮らしています。空き部屋に3〜4本ほどスティが可能です。夏にエアコンが使えなくても、28℃以上にはならない部屋です。
【条件】東京近郊に退避されている(または予定の)被災地のかたで、一時的にフェレットのホームスティ先を探している方
連絡先 布施 akakuga@nifty.com または soreinjyanaino@gmail.com
【当店のサービスとお知らせ】

★東北地区への通信販売の商品の到着については地域によって遅延や営業所止め限定がありますので、宅配会社の情報の確認もお願いします。運送会社のホームページをあわせてごらんいただきますようお願いします。宅配会社の営業所止めで注文されるのも方法です。

★ネットが繋がりにくいときは、商品の注文は携帯のメールでも承ります。商品と個数、送り先、支払い方法、その他指定事項を書いていただければ結構です。
電話でも注文をお受けします。電話:0568-75-9238
営業時間外の緊急連絡先TEL:080-4536-9400

★東北のペットショップの方で、仕入れがままならない状況と思われますが当社の取扱商品のなかで、必要なものがあれば、お送りいたしますので、ご相談ください。いままでお取引がなくても、復興までの臨時のお取引だけでもだいじょうぶです。被災地の同業の方のお力になれたらと思います。

★当店では、暑さに弱い小動物の夏の長期お預かりの準備すすめています。空調完備のペットホテル部屋の増設、旧社屋の再利用など、夏に相当な数でも受け入れられるように準備をすすめています。長期のご利用の方がお早めにご予約お願いします。

★東北・関東の方は、夏にむけて保冷剤や電池式のファン、動物のケージを囲う断熱シート、補助ひんやりグッズ等(手作りしていただく必要ありますが)をご用意されておかれますようにおすすめします。また凍らせたペットボトルをケージの上において、湿らせたバスタオルをかけるという工夫もあります。
【保存袋のご紹介】

ペットフード保存用のアルミ袋です。
チャック付きアルミ袋(L) \80
チャック付きアルミ袋(S) \40
商品の詳細はこちら

普通のビニール袋に比べて、フードの保存性が高いです。除湿剤シートもいれておくとより長く保存ができます。

今回の地震の件でお客様からお便りメールをいただきました。「非常用持ち出し袋にこのアルミ袋(フードを詰めて)を入れておいたので、ペットを連れて避難したときに、困らずにすみました。」

いざというときのために、ペットフードを非常持ち出し袋にもいれておきましょう。
【お願い】

★夏の電力不足や停電が予測されています。夏季のペットホテルでのお預かりがたくさんできるように準備をすすめていますが、電気関連の企業の開発の方へペットのための停電対策グッズアイデアの提案です。参考にしていただければ幸いです。お客様からのアイデアやご意見も募集中です。ソーラー発電&蓄電器や停電で止まったエアコンを作動させるリモコンの紹介もあります。

★メールマガジンの配信されなくなったときは、再登録をお願いします。お客様のメールを管理するインターネット会社が停電で機能停止しますと、当社からのメールマガジンが配信不能になり、次回からは配信されないようになってしまいます。1ヶ月に2回以上は配信しています。再登録いただくと配信が再開します。
【動物への救援活動状況】

◇緊急災害時動物救援本部が活動しています

緊急災害時動物救援本部は被災地のペットの被災状況の把握や、関連行政機関との調整など、支援活動を開始しています。ペットフードや用品の輸送手配を進めています。被災地の獣医師会、自治体と連携しながら被災動物等の保護を支援するとともに、活動に必要な人の派遣も。緊急災害時動物救援本部の構成団体は日本動物愛護協会、日本動物福祉協会、日本愛玩動物協会、日本獣医師会です。

緊急災害時動物救援本部の公式HPがオープンしました。サイト内ではボランティアの募集やペット用品支援物資の提供先など、同本部の活動の情報が集約され掲載されています。情報提供フォームも設置され、情報の提供が行えるようになっています。
http://www.jpc.or.jp/saigai/

◇緊急災害時動物救援本部が義援金を募集

緊急災害時動物救援本部(事務局:財団法人日本動物愛護協会)が義援金の募集をしています。集まった義援金は被災動物やその飼育者の支援にあてられます。

振込先:みずほ信託銀行 渋谷支店(店番号022)※みずほ銀行ではない
普通預金 4335112
口座名 緊急災害時動物救援本部(キンキュウサイガイジドウブツキュウエンホンブ)

詳細は http://jspca.or.jp/cgi-bin/jspca/news_disp.cgi?52

◇ 緊急災害時動物救援本部、ボランティア募集

救援活動開始に備え、「動物の一時預かり」、「動物保護シェルターでの動物の世話」、「動物や物資の輸送・運搬」などのボランティアを募集しています。受付は同本部構成団体のひとつ、公益社団法人日本愛玩動物協会が行います。所定の用紙に記入の上登録し、ボランティアが必要になった時点で、同協会から連絡が入ります。
http://www.jpc.or.jp/tohokukanto-daishinsai.html#volunteer

◇ 緊急災害時動物救援本部が声明
「保健所等に保護されたペット、数日間で処分されることはない」

インターネット上で広まっている「保健所等に保護されたペットが数日間で処分されてしまう」という情報に対して、緊急災害時動物救援本部は被災地自治体に確認。「事実ではない」ことが確認されたという。現在Twitterなどで正確でない情報が流れていますのでご注意ください。

◇ 石巻動物救護センターより、ボランティアスタッフ募集

詳細は石巻動物救護センターHPをご覧ください。
http://tohoku-arc.com/ishinomaki/staff.html

◇支援に動くペットフードメーカー

一般社団法人ペットフード協会は会員企業から提供されたペットフードを緊急災害時動物救援本部指示のもと、災害地へ送付しています。
ペットフード協会HP http://www.petfood.or.jp

◇AHB、支援活動を開始

AHBインターナショナルは、被災した東北地方の関連各所に救援物資を発送すること、また、被災したブリーダーへの支援活動として、援助物資の提供及び同社ウェルネスセンター獣医師による巡回を実施しています。

◇被災動物の健康相談所ホームページ

被災動物の健康相談を受け付けます。獣医さんが回答します。現地の動物病院一覧、いままでの質問、迷子の動物について、避難所に行くことになったら?などの情報も公開しています。
http://311vet.net/

◇アニコム、被災地で営業している動物病院リストを発表

アニコム損害保険(株)では、被災地及び周辺地域での動物病院リストをHPに掲載しています。診療内容や、診察時間など変更になっている場合もあるので、必ず確認の上来院してくださいとのこと。また被害にあった契約者からの相談を受け付けるコールセンターの設置などに取り組み状況把握を進めています。また、「継続契約の締結手続き」や「保険料のお支払い」への、一定期間の猶予といった特別措置を講じています。詳細はHPを参照してください。
http://www.anicom-ah.com/

◇仙台市被災動物救護対策臨時本部

被災動物の救護をより効果的に進めるため、本市動物管理センターと社団法人仙台市獣医師会及び主な動物愛護ボランティア団体(NPO法人エーキューブ、ハートtoハート)と協議し、仙台市被災動物救護対策臨時本部を設置しました。事務局は仙台市動物管理センター、設置場所は仙台市獣医師会。

 (1)仙台市獣医師会所属の動物病院で、診療の可能な動物病院の情報を提供します。
 (2)被災した飼い主不明の犬猫は、受け入れ可能な動物病院で、無償で預かります。また、負傷している場合は、無償で診療します。
 (3)ペットと同行避難している避難所に、必要とするペットフードやペットシーツなどの支援物資を順次配布します。
 (4) 飼い主が被災し、ペットの飼育が困難な場合に、一時的に預かります。利用する場合は、申し出のあった動物病院に直接お問い合わせください。
 (5)動物管理センターでは、被災し保護収容した犬猫を飼い主に返還できるよう、仙台市ホームページに掲載します。飼い主が見つからない場合は、譲渡会等を通じ、譲渡に取り組みます。
 (6)動物救護の義援金を募集しています

http://www.city.sendai.jp/report/2010/1197925_1412.html

◇宮城県で診療可能な動物病院リストを発表

宮城県従医師会はHP上で宮城県内の診察可能な動物病院リストを発表。
動物病院リスト
http://miyaju.jp/info.php?action=detail&ac_no=95

◇福島県で診療可能な動物病院リストを発表

福島県獣医師会はHP上で福島県内の診察可能な動物病院リストを発表。同会では義援金の募集もしています。
動物病院リスト
http://www.fva.or.jp/modules/information/index.php?page=article&storyid=137

◇東北地震犬猫レスキュー.com

東北・関東大震災によって被災した方の犬・猫の救援情報特設掲示板です。
●「犬・猫が行方不明」「迷子の犬・猫を保護した」などの捜索・保護情報
●「家屋が倒壊して避難しているので犬猫を一時預かって欲しい」などの救援要請
被災した皆さんの負担・心労が少しでも軽くなるよう、ご協力お願いいたします。
http://tohoku-dogcat-rescue.com/

◇東北太平洋沖地震 迷子ペット探しマップ

被災したペットと飼い主をむすぶためのマップです。 誰でも編集できます。みんなの協力で情報更新していきましょう。
Google迷子ペット探しマップ
【NPO法人 犬猫みなしご救援隊】

NPO法人・犬猫みなしご救援隊は【終生飼養】と【譲渡活動】を基盤に、動物愛護の啓蒙・啓発活動を行い、動物の適正飼養の推進と生命尊重の情操教育を広め、ひいては動物と人間が共生する明るい社会の構築に寄与することを目的としております。今、被災地および原発避難区域のペットの救助に全力をあげて活動されています。

http://www.minashigo.jp/


【すべての方へ】

被災を見るとき、そこで助けあっている人を見るとき、命がけで被害拡大を防ごうとしている人を見るとき、救援をしている人を見るとき、海外からの温かいメッセージや支援を送る人を見るとき、なぜか心が絞めつけられます。涙が出るほど、人の心の温かさや勇気を感じて感動しています。なにかずーーと、いままで忘れていたものがあったのではないかと。いま気がつけさせていただいたようなきがします。マザーテレサの言葉が心に刺さります。

もし貧しい人々が飢え死にするとしたら、それは神がその人たちを愛していないからではなく、あなたが、そして私が、与えなかったからです。

富の中から分かち合うのではなく、ないものを分かち合うのです。

貧しい人々が一番求めているのは、哀れみではなく、愛なのです。

愛の反対は憎しみではなく無関心です。

世界で一番恐ろしい病気は、孤独です。

マザー・テレサの名言を集めたホームページです。その言葉が未来へ…そしてあなたへ届きますように。