有限会社SBSコーポレーション  TEL:0568-75-9238  携帯:080-4536-9400  E-mail:niwa@sbspet.com
|表紙|フェレット紹介|フェレット販売|グッズ通販|今月の特別商品|フード試供品|飼育知識|写真館|リンク集|通信|
|預かり|情報交換|健康Q&A |動物病院|獣医学|資料室|夏対策|冬対策|相談室|医療体験談|掲示板|お知らせ|会社案内|

臭腺(におい袋)除去手術をする必要がありますか?

 もし家の中でフェレットを飼育するならば、におい袋(肛門線)の除去手術はしたほうがよいでしょう。フェレットはイタチ科の動物であり、敵を驚かすためにくさい臭いを出します。

 またこの手術は将来、肛門線が詰まるという病気の予防にもなります。もしあなたのフェレットが手術済みでなく(あるいは手術が不完全)、臭いが気になるならば獣医さんにしてもらったほうがよいでしょう。

 一部の繁殖場のフェレットには、熱で肛門線の出口を焼き付けてふさぐという簡易手術でごまかしてあるものもあります。お腹を開腹してにおい袋を除去するより低費用のため行われることがあります。しかし大人になったときに、臭腺が破裂したり、ふさいだ部分が開いてしまったりすることが多いです。

 費用は4〜5万円程度です。手術のしていない安いフェレットでも最終的には高くついてしまうことがあります。ただし手術がしていなくてもその臭いがそれほど気にならないならば、無理にする必要はないでしょう。(月に1度程度は液を臭腺口からしぼり出してあげる必要があります)


BACK