有限会社SBSコーポレーション  TEL:0568-75-9238  携帯:080-4536-9400  E-mail:niwa@sbspet.com
|表紙|フェレット紹介|フェレット販売|グッズ通販|今月の特別商品|フード試供品|飼育知識|写真館|リンク集|通信|
|預かり|情報交換|健康Q&A|動物病院|獣医学|資料室|夏対策|冬対策|相談室|医療体験談|掲示板|お知らせ|会社案内|
フェレット資料室

副腎皮質機能低下症


フェレットの副腎皮質機能低下症(アジソン病)について

副腎皮質機能低下症は副腎腫瘍に非常によく似た症状です。副腎腫瘍は高齢のフェレットによく見られる病気だが、副腎皮質機能低下症は
若齢のフェレットにも急性に発症することがある。

【原因】

副腎からのホルモン分泌が減少することによる各種の異常を含む症候群である。病因は原発性(副腎自体が異常)と二次性(他の器官の異常に続いて起こる)に分けられる。原発性副腎皮質機能低下症は副腎の破壊による疾患で、破壊の原因としては自己免疫疾患、感染症、出血、悪性腫瘍などがある。またクッシング症候群の治療に用いる薬物も副腎を破壊することがある。二次性副腎皮質機能低下症では下垂体または視床下部が腫瘍、創傷、炎症などの原因により破壊され、副腎を刺激するホルモンの分泌が低下して、副腎が萎縮する。また医原性クッシング症候群も、症状は一見副腎皮質機能が高まったようにみえるが、副腎自体は萎縮しているので本質的には副腎は機能低下症である。

【症状】

犬では比較的まれな疾患ではあるが、原発性疾患の発生は幼若から中年(2カ月-9歳齢、平均4.5歳)にかけてみられ、雌(76%)においてよくみられるが、これは犬の免疫介在性疾患の特徴を反映しているものと思われる。犬種、体型による差異はないといわれている。症状としては、食欲減退、嘔吐、腹痛、体重減少、ぐったりしている、血糖値が下がって急に倒れる、脱水などが代表的である。最初はよくなったり悪くなったりする経過が特徴で、ストレスがかかったときに発症しているが、副腎皮質の90%以上が破壊されてから激しい症状が起こり、平常時でもホルモン不足による症状がみられるようになる。

【治療】

虚脱(ぐったりしている)で来院する場合も多く、診断を確定してから治療を行うのでは手遅れになるので、ほとんどの場合緊急治療を行いながら検査を行う。すなわち虚脱で動物が来院した場合には直ちに静脈内の点滴の準備をして、採血して血液検査、血糖値や電解質の測定を行う。そして低血糖で副腎皮質機能低下症が疑われたら、副腎を刺激するホルモンを注射して副腎が機能しているかどうかの検査を行う。ただしこの検査結果はすぐには出ないので、治療を通常は進めてしまう。この場合よくみられる異常は脱水と電解質(ナトリウムやカリウム)の異常なので、別に診断が決まっていなくても、それらに対する正しい処置とホルモンの補給を行えば、適切な救命処置になる。しかしながらかなりの集中治療となるので入院は必要であろう。食事や飲水ができるようになり窮地を脱したら、ホルモンの補給を続けて行く。


簡単にまとめると・・・・・

腎皮質機能低下症とは、副腎皮質から分泌されるホルモンが欠乏するために起こる病気です。副腎皮質から分泌するホルモンは、細胞での代謝を調整する働きがありますが、このホルモンが欠乏することで無力症・食欲不振といった症状が見られます。副腎皮質機能低下症には、いくつかの原因があります。

(1) 副腎皮質機能亢進症の治療では、薬剤により副腎皮質の機能を低下させるが、機能の低下が進み過ぎることで、逆に副腎皮質機能低下症となる。(医原性)

(2) 副腎の腫瘍などによって副腎皮質が萎縮し、副腎皮質自身の機能が低下する。(原発性)

(3) 副腎皮質ホルモンは、下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモンに刺激されて分泌するが、下垂体に何らかの障害が生じて副腎皮質刺激ホルモンが正常に分泌されないために副腎皮質機能低下症になることがある。(二次性)

(4) 他の病気の治療のために副腎皮質ホルモン(ステロイド)の投与を長期間行い、投与を突然中止すると、副腎皮質刺激ホルモンが正常に分泌されないために副腎皮質機能低下症になることがある。(医原性)

副腎皮質ホルモンの欠乏はほとんど全ての細胞に影響を与えます。その結果、この病気での症状は様々です。次に代表的な症状を示しますが、下記の症状にあてはまらなくても甲状腺機能低下症と診断されることがあります。

(1) 元気がなくなります。
(2) よく寝る・無気力・倦怠といった症状が見られます。
(3) 食欲不振となり、体重が減少します。体重減少ひどければ脱毛します。
(4) ときどき嘔吐や下痢がみられ、下血することがあります。
(5) 急性のものでは、突然のショック、激しい筋肉の虚脱を起こし、昏睡状態になることもあります。また、除脈(脈拍が遅くなる)も見られます。

この病気が疑われるときは血液検査や尿検査を行い、血液中の副腎皮質刺激ホルモンや副腎皮質ホルモンの濃度の測定を行なうことで診断を確定します。

また、ACTH刺激試験というテストを行なって原発性、二次性の鑑別をします。


<急性副腎皮質機能低下症>

急性副腎皮質機能低下症は、ただちに治療を必要とする緊急疾患で、以下の治療を速やかに行ないます。

脱水を起こしているので、輸液をします。副腎皮質ホルモンが欠乏しているので、高用量の副腎皮質ホルモンの投与。 重度のアシドーシス症が見られるときは、それを緩和する薬剤を輸液に加えます。


<慢性副腎皮質機能低下症>

慢性副腎皮質機能低下症の治療は、毎日の副腎皮質ホルモンの投与を行ないます。副腎皮質ホルモンの投与量は治療初期段階で定期的に血液検査をすることで決めます。投与量が決まっても年1〜2回の血液検査を行い、治療が順調に進んでいることを確かめる必要があります。


情報提供:エキゾチックペットクリニック 玉川獣医師


これらの情報が皆様のフェレットたちの健康にお役にたてますように
We whish this infomation help keep health for your Ferret.
フェレットショップ 丹羽 匡
Tadashi Niwa

資料室ページへ戻る
健康Q&Aページへ戻る