有限会社SBSコーポレーション TEL:0568-75-9238 携帯:080-4536-9400 E-mail:niwa@sbspet.com
| 表紙 | 飼育情報 | 生体販売 | グッズ通販 | 特別商品 | 医療体験談 |
| 動物病院 | 相談室 | 写真館 | リンク集 | モモンガ通信 | 掲示板 | 会社案内 |
フクロモモンガ飼育情報

フクロモモンガの紹介
日常の管理
複数飼育と繁殖
健康情報
飼育に必要なもの
慣らし方
資料数値
終末期の接し方
フクロモモンガの食事
ベビーの授乳
保体方法
アメリカモモンガ


慣らし方

フクロモモンガはとても警戒心が強く、環境の変化はとてもストレスになるので、家にお迎えしたら飼い主よりも、まずは新しい家の環境に慣らすことから始めてあげましょう。

お迎え初日〜1週間くらいは無理に触ろうとせず、静かに様子をみます。
慣れないうちは威嚇して鳴き声※を上げたり、咬み付いてくることもあります。

※威嚇時はぜんまいが巻かれたような鳴き声です。(ジージージージーなどと表現されます。)



・匂いを覚えさせる
フクロモモンガは匂いで飼い主を覚えます。
ポーチにモモンガを入れて首からぶら下げ、服のなかにいれる方法がおすすめです。
人肌に密着させることで、人の匂いを覚えるようになります。
簡単な家事やテレビを観ている間など、できるだけ長い時間モモンガと接してあげましょう。
焦って無理に触ろうとせず、また驚かすようなことはしないように気をつけて下さい。
慣れるまでは時間がかかりますが、あきらめずに根気よく続けましょう。

少しずつ慣れてきたら、手から好物の果物やおやつをあげてみましょう。
はじめは警戒してなかなか近づいてくれないかもしれませんが、『人の手が安全だ』と判ると逃げないようになります。
また、『人の傍にいると美味しいものが貰える』ことを覚えると、自ら寄ってくるようになります。




・授乳をして慣らす
ベビーのフクロモモンガを飼育する場合は、飼い主の手で直接ミルクを与えることで慣らすことが出来ます。
授乳はモモンガの大きさにもよりますが、1日2〜3回行うと良いでしょう。
但し、小さなモモンガへの授乳はコツが要り、決して簡単ではありません。


フェイスブック動画(授乳して慣らす映像)

フェイスブック動画(なでなでして慣らす映像)

フェイスブック動画(べた慣れになった映像)

このページの上へ


フクロモモンガとの触れ合い方

フクロモモンガはお世話をしてくれる人と強いつながりを持つようになります。
寂しい時は飼い主にたくさん甘えてくれますので、出来るだけモモンガの相手になってあげましょう。
飼育下ではフクロモモンガが運動不足になりやすい為、飼い主との触れ合いを兼ねて室内に出して運動させてあげましょう。
ただし、ケージから出してあげる際は下記のことに注意して下さい。

・トイレを決まった場所でする習性を持たないので、予想外な場所で排泄される事があることを覚悟しましょう。

・小さな体は狭い場所にも容易に入ってしまいます。見失わないよう目を離さないで下さい。

・外に出てしまうと簡単には捕まりません。窓や出入り口はしっかり閉めておきましょう。

・他の動物を飼育している場合は、接触させないよう注意して下さい。

・洗濯機や水槽などにモモンガが落下しないよう、そのような場所には予めフタを被せましょう。

また、遊び場所としてお風呂場を使用するのも良いでしょう。排泄物で汚れても洗い流すことが出来ますし、入り込んでしまうような隙間も少ないです。予め排水溝や換気扇を閉じておけば安全な遊び場所になります。
ただし、バスタブや洗面器などに水が残っていないことを確認し、石鹸などモモンガが食べてしまう危険があるものは片付ける必要があります。


【お客様の投稿より】

我が家では一年半目のオス(ムン)&メス(サン)2匹が赤ちゃんの頃から暮らしています。
モモンガ通信のベタ慣れにさせるには参考までに

食事の時は毎回必ず名前を呼びます。

オスはもともとベタベタに何故か慣れてましたので苦労しませんでした。
今でも主人が好きのようで、家中何処にいようと主人の匂いを追って「ぴょンぴょン」と
走っていったり飛んでいったりしています。

苦労したのはメスの方です。とても臆病&警戒心も強く、
凄い顔して餌を奪い取り隠れて食べてます。
オスはその場でもらってその場で食べてます。
ちなみに10歳の息子の友人に見せようと連れて行くとメスは毎回死んだふりをします。

その子の性格にも関係あると思いますが方法のコツだけ書きますね
@メスはとにかく固まっていた子です。
ゆっくり静かに慣れるまでは同じ時間にゲージの中に手を入れて
近くまでゆきジーとしています。こんくらべですが、
指先だけピクピクと時々動かして興味をそそり
ゆっくり「アゴ」「横腹」「胸」などをゆっくりゆっくりなでます。それで逃げなければ
大丈夫!!!1ヶ月くらいするとなでてもらうのが気持ちがいいらしく、
なでた後疲れて手を引っ込めようとすると指をつかまれ「もっとなでて」と言わんばかりに
見つめていした。
ちなみにオスはあごの下から胸。メスは横腹と広げる翼?の境目が大そう気持ち良さそうです。
そこを触ると手のひらの上でデレッとなっています。マッサージを許してくれるようになると
かなり慣れてきます。ちなみにマッサージしてあげる私にだけメスは慣れています。

A夜 部屋の明かりをつけると寄って来ないのですが、ゲージの入り口を空けたままにして
部屋の電気を消して(我が家は部屋の電気は消して優しい光の間接照明にしていました)
入り口に手を差し伸べていると外の世界には興味があるらしく自分から出て来ました。
それから明るい部屋に連れていってました。

Bあと柔らかい羽や紐などで頻繁に遊んでやりました。

今でもオスは外に出たくてしょうがなく、メスは時々うっかり「出ちゃった!!!!」と言う感じです。
ゲージを開けておけば意外とすんなり出てきます。人間の姿が見えると出ず、ちょっと隠れて
見ているとちょろちょろ出てきます。

色々楽しくやって見てください。

【お客様の投稿より】

おひさしぶりです

最近、寒くて、暗くてイヤですね。しかし、ひとつだけいいことがありました

モモンガは、夜行性なので、朝は寝ていると思いますが我が家のモモンガ、ピーチも、明るくなると、巣箱にもぐりこんで寝てしまっていました。いったん寝てしまうと、呼べど、つつけど、なかなかおきてくれません。

ところが、最近、夜が長いため、私が起きたときはまだ暗く、ピーチがケージで、どたばた暴れているのです。ピーチ、おはよう、遊ぶ?とケージを開けると、すぐ飛び出してきます。そして、私の肩に乗ったまま、朝の、支度を楽しそうに見物しているのです。廊下ですれ違いざま、娘の肩に、ジャンプして飛び移るなんてザラです。カーテンに飛び移ったり、寝ている息子の顔にとびかかったりと、やりたいほうだい。のどがかわくと、私のところにやってきて、水をねだります。はあはあ、すごい勢いでお水を飲みます。飲み終えると、また遊びに行きます

毎朝1時間くらいですが、元気いっぱい遊んでいるうちにメタボだったピーチが、あれよあれよという間に、すっきりスリムになりましたもう、私たちとは生活時間が合わなくなって食べて寝るだけの生活。滑空はおろか、おいでと呼んでも、のそのそ歩いてくるしまつで、がっくりきていたのですが、ぶーんと見事、滑空復活です

たった、朝、1時間遊ぶのを、10日続けただけで、みごと、ダイエットに成功しました。朝の、ばたばたしている時間ですが、それなりに楽しんでます。朝の支度が終わると、ピーチも、おねんねです。まだまだ遊びたいと暴れますが、あきらめて、いつの間にか寝ています。

呼べば、必ず帰ってくるので、安心して、遊ばせることができます。呼んだら、ダッシュで逃げるとき、そろそろ、ケージにもどされそう、でもボクはもっと遊びたいんだよーと言ってるのが聞こえるようでおかしいです。

メタボのピーチは、もこもこで、ふわふわで、ぬいぐるみみたいで、とっても抱きごこちがよく、好きだったので、ちょっと残念な気もするのですけどね・・・

最近の朝は、寒いけど、待ち遠しい、ハッピーな時間です。

 

【お客様の投稿より】

モモンガ飛んできました

いつも、どこからともなく頭に着地されるんですが…
飛んでくる瞬間が やっと撮れましたヽ(^0^)ノ

動画はここをクリックしてください(mpegファイル)


 ▲このページの上へ


BACK