有限会社SBSコーポレーション TEL:0568-75-9238 携帯:080-4536-9400 E-mail:niwa@sbspet.com
| 表紙 | 飼育情報 | 生体販売 | グッズ通販 | 特別商品 | 医療体験談 |
| 動物病院 | 相談室 | 写真館 | リンク集 | モモンガ通信 | 掲示板 | 会社案内 |
フクロモモンガ飼育情報

フクロモモンガの紹介
日常の管理
複数飼育と繁殖
健康情報
飼育に必要なもの
慣らし方
資料数値
終末期の接し方
フクロモモンガの食事
ベビーの授乳
保体方法
アメリカモモンガ


複数での飼育と繁殖

複数飼育について…
オス同士は縄張り意識が強いので複数での飼育には向きません。

メス同士の場合は複数での飼育が可能といえば可能です。ですが、新しいモモンガを同居させる時はいきなり一緒にしないで下さい。

まずはケージを2台隣り合わせて臭いを確かめ合えるようにした方が良いでしょう。
寝袋や巣箱を時々交換するのも効果があります。
お互いに興奮しなくなったら一緒にしても構いませんが、数日間は見守るようにしたほうが懸命です。

また、新しく迎えるモモンガが若いほど上手くいく確率が高くなります。
ただし、大人のモモンガに離乳前のベビーを同居させる時は、十分に注意する必要があります。
餌が無くなると、餌の替わりにベビーを食べてしまうことがあるからです。

人工授乳で育った手乗りモモンガは、人間との絆を強くもち他のモモンガと同居出来ない場合もあります。

基本的に野生化では、一夫一妻制で、集団行動はとらない動物です。子供も性成熟すると家族から離れていきます。メス同士でも発情期にはケンカすることがあります。

同性同士での飼育は性成熟する前だけにしておくことがおすすめです。



繁殖について…
フクロモモンガの繁殖は難しく、無事に生まれても親が育てられないこと(育児放棄・子喰い)が多いです。
出産しても袋の中から出る前に殺してしまうので、飼育者が気がつかないこともよくあります。
育児中の母親はかなり神経質になる為、ベビーに人間の臭いをつけたり、餌を切らしたり、ストレスを与えたりしないように細心の注意が必要です。


繁殖の前に…
フクロモモンガをペアで飼育する限り繁殖は続きます。
ベビーが生まれると飼育にかかる時間や費用も増えていきますので、繁殖するつもりがない場合はペアでの飼育はしないようにしましょう。(繁殖させる以外はケージを別々に分けて飼育します。)

また、衝動的な繁殖をしないように、下記の注意事項を読んでじっくり検討して下さい。

・フクロモモンガは一回の出産に1〜2匹前後の赤ちゃんを生みます。生まれた分だけ飼育のスペースが必要になり、時間や費用もかかります。きちんとお世話が出来るのか良く考えましょう。

・生まれた子を里子に出す場合は、事前にきちんと里親さんを探しておきましょう。

・母親となるメスのフクロモモンガの年齢や健康状態に不安がないかチェックをしましょう。

・親と子、または兄弟での近親交配を行うのは避けましょう。
(近親交配で生まれた子は奇形を持ったり、病弱になる可能性が高いです。)

・繁殖は、春または秋など、子育てしやすい季節に生まれるよう、計画するのが理想です。
真夏や真冬の繁殖は絶対にしないようにしましょう。


このページの上へ


フクロモモンガの性別

フクロモモンガのオスは性成熟すると頭(額)の毛が薄く剥げたようになります。
また、おへそのあたりの膨らみに睾丸が入っています。
メスはお腹(おへそのあたりのへこみの奥)に袋がありますので、見分けるのは簡単です。

※極稀に袋が外にひっくり返って飛び出ることがあるので、オスと見間違えないようにしましょう。

オスは生後12〜14ヶ月、メスは生後8〜12ヶ月で性成熟を迎えます。
メスの生殖器と袋 オスの生殖器



メスの袋の内側

フクロモモンガの出産と育児

発情は季節繁殖で29日間周期で起こります。
発情すると夜中にキャンキャンと犬のような鳴き声を上げることがあります。

妊娠後10-15日で出産します。

子宮口から生まれたベビーは、母親が袋までの道のりを舐めて、その臭いをたどって、ベビーが袋にはいります。
袋のなかで授乳をうけて育ちます。

出産後20-30日で袋から出ます。

更に袋から出て7-10日で目が開き、目が開いて5-7日で離乳すると言われております(学術書文献による)


(生まれてまもない育児嚢の新生児)



(脱嚢したばかりの新生児)


実際には、生まれた数や成長度合いによって大きく異なります。
当社では目があいて2〜3週間後に人工授乳を開始、その1ヶ月後に離乳させています。

基本的に育児は母親に任せておけば大丈夫ですが、タンパク質やカルシウムが不足するとそれらを補う為に子喰いをしてしまうので注意が必要です。
妊娠がわかったら、食事量を1.5倍にして、タンパク質とカルシウムを多めに追加してあげましょう。


(脱嚢して1週間後のベビー)

また、ストレスのない環境作りも心がけましょう。
ケージの掃除は必要最低限に留めておき、なるべく大きな音を立てないようにしましょう。
日中の温度差にも気をつけて下さい。

オスとメスを一緒のままにしても構いませんが、オスがメスにちょっかいを出してストレスになるようなら1匹ずつに別ける必要があります。この場合はオスを別のケージへ移し、メスはそのままにしましょう。
一度別けた後は育児が終わるまで一緒にしないで下さい。

ただし、上手く育児をしているオスとメスを無理に別けてしまうと、そのことがストレスになり育児放棄に繋がる場合がありますので注意しましょう。

育児終了後は母体を休める為、半年は出産させないようにしましょう。
連続出産は母体にストレスがかかり、命を削ることになります。



育児放棄をしてしまったら…
予定より早くベビーが袋から出てしまったり、母親がベビーの世話をしていない場合は育児放棄の可能性があります。
育児放棄されたベビーの生存確率は20%以下です。
この場合は自宅で育てることは困難なので、直ちに動物病院へ連れて行き、カテーテルでの授乳をします。
ですが、助かる確率は低いので、それなりの覚悟をしておきましょう。

このページの上へ


BACK